だるまドロップ!よもやま話 その2

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話

第六話 第七話(ネーム) 第八話(ネーム)←New!


2011年05月28日

いよいよ読切版に続いてのオリジナルの展開に入りました 『だるまドロップ!』






登場人物と学校の名前は、だるまにちなんだ地名や
だるまから連想される言葉(丸とか瞳とか墨→黒とか)などから付けています。


全国でもだるま作りが特に盛んな地方のひとつに、東京の多摩地方が挙げられますが、
中でも深大寺(神代)・拝島・青梅はだるま市が行われることで有名な地名です。



深大寺|だるま市について http://www.jindaiji.or.jp/event/darumaichi.php

拝島大師達磨市(和田フォト) http://wadaphoto.jp/japan/hai.htm

一般社団法人青梅市観光協会|スタッフ取材メモ・青梅の最新情報をお届け| http://www.omekanko.gr.jp/blog/20110128.htm



また、web拍手からいくつかメッセージをいただきました。ありがとうございます!


見えたりしないんですか、ぱんつです、のくだりで爆笑しました。ごちそうさまでした(京弥)


第一話では、校内での内輪の試合だったので生足でしたが、
今回からは公式戦ということで、スカートの下にスパッツを履かせています。

主人公のデザインについて、作画のしまざきさんとの打ち合わせは、
スカートの長さとかスパッツの有無とかだけだったような気がします。



面白いです!
だるま落としがスリリングなスポーツになっていて、とても興味深く感じました。
絵もとてもかわいくて、特に19ページ目の先輩の表情がたまりませんでした。直撃でした。
あと女の子がハンマーをふりまわすマンガはすばらしいものだと思います。もっとハンマーに溢れた世の中になってほしいです。時代はハンマーです。




最初のコミPo!版では、素材の都合と、
「最初は野球か何かかと思わせておいて実は……」という演出の為に、バットを使わせていたのですが
しまざきさんがハンマーを強く希望したため、こうなりました。

……正直、私にはよくわかりませんが、世の中にはニッチな需要があるものなのですね。
しまざきさんからは次のようなコメントが来ています。


「おおお、なんとわかってらっしゃる方がw
 『だるまドロップ!』はハンマーとだるまとセーラー服でが全てです(おい 」



それが全てらしいです。

さて、そんな『だるまドロップ!』第三話は、
来週にはアップできると思います。お楽しみに!


タグ :よもやま話

同じカテゴリー(その他)の記事画像
だるまドロップ!よもやま話 その5
だるまドロップ!よもやま話 その4
だるまドロップ!よもやま話 その3
だるまドロップ!よもやま話 その1
同じカテゴリー(その他)の記事
 だるまドロップ!よもやま話 その5 (2011-08-19 19:47)
 だるまドロップ!よもやま話 その4 (2011-06-23 19:10)
 だるまドロップ!よもやま話 その3 (2011-06-06 19:19)
 だるまドロップ!よもやま話 その1 (2011-05-09 19:39)

Posted by 白川 嘘一郎 at 23:30│Comments(1)その他
◆ この記事へのコメント
第二話以降の、磨子のスパッツ着用にはもう一つ大きな理由が…
詳しくは第二話後篇をお楽しみにw
Posted by しまざき at 2011年05月29日 04:23
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。