だるまドロップ!よもやま話 その4

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話

第六話 第七話(ネーム) 第八話(ネーム)←New!


2011年06月23日

いよいよ舞台は全国大会の開催地、群馬県高崎市へ。






プロットを考えているころは、

「群馬県がメイン舞台のマンガなんてそうそうないだろう」

とか思っていたのですが、
アニメ 『日常』 がタイミング的に見事にかぶることに。


そしてタイトルが微妙にかぶってる 『うさぎドロップ』
アニメも来月から放映になります。こちらもとても良い作品です。

実写映画のほうも、松山ケンイチ&芦田愛菜という
私の好きな俳優コンビだし。


話がそれました。

加盟地区28+選抜4枠によるトーナメント表も出ましたが、
見ていただければわかるように、
普通あまりマンガやアニメには出てこないような
マイナーな都道府県が強い傾向にあります。

新潟の三角だるまとか、
http://www.niigata-minato.com/minngei/daruma/sannkaku-daruma.html

三重県鈴鹿の江西寺とかあたりがモチーフになってたり。
http://www.kankomie.or.jp/spot/detail_8964.html



作中の高崎は、過剰にだるまがフィーチャーされた架空の高崎市ですが
だるまの生産量が全国シェアの80%というのは本当です。

まぁ、厳密に言えば、高崎で作られるような縁起物のだるま人形と、
いわゆる木地玩具のだるま落としとは、まったく別物なんですが……。



群馬・館林でジャンボだるま落とし だるま落としを楽しむ子供たち
http://blogs.yahoo.co.jp/matk1121/59749043.html



……さすがはだるまの本場・群馬県、小学生のうちから英才教育が行われているようです。
すいません、このマンガはフィクションのつもりでしたが、ただの現実でした。



あと作中ではだるまソフトだとかだるまクレープだとか謎の店が出てきますが
現実の高崎も負けてなかったりします。


だるまUSBメモリ
http://www.nanjai.jp/index.php?ID=213

ダルマウス
http://journal.mycom.co.jp/news/2005/08/18/006.html


しまざきさんにはぜひ、このだるまマウスで作画していただきたいですね。

それでは、次回第五話をお楽しみに!!

タグ :よもやま話

同じカテゴリー(その他)の記事画像
だるまドロップ!よもやま話 その5
だるまドロップ!よもやま話 その3
だるまドロップ!よもやま話 その2
だるまドロップ!よもやま話 その1
同じカテゴリー(その他)の記事
 だるまドロップ!よもやま話 その5 (2011-08-19 19:47)
 だるまドロップ!よもやま話 その3 (2011-06-06 19:19)
 だるまドロップ!よもやま話 その2 (2011-05-28 23:30)
 だるまドロップ!よもやま話 その1 (2011-05-09 19:39)

Posted by 白川 嘘一郎 at 19:10│Comments(2)その他
◆ この記事へのコメント
>群馬・館林でジャンボだるま落とし だるま落としを楽しむ子供たち
>すいません、このマンガはフィクションのつもりでしたが、ただの現実でした。
さすがは群馬、侮り難し。
まさに「事実は小説よりも奇なり」ですね。
Posted by 市藤勇美 at 2011年06月23日 23:49
「新春の風物詩」らしいですからね。
どうもこのマンガは、作者の思惑以上の大きな力によって
書かされているような気がしてなりませんw
Posted by 白川嘘一郎 at 2011年06月24日 12:26
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。